これまでの学習塾の常識を変える!
これまでの「集団授業」や「個別指導」とは違う
「新時代の学習塾」へようこそ!

 

個別指導と集団授業の向き・不向き

個別指導塾と集団授業塾の向き・不向き

個別指導塾の授業風景

集団授業塾の授業風景

ここでは、【個別指導塾】と【集団授業塾】という塾の種類の違いを比較し、それぞれどんなお子さんが向いているのか、向いていないのかというお話を述べていきます。

よくお話を聞くのが、
・授業料が安いから集団授業塾に通わせたが、部活との両立ができなかったり、授業についていけず成績が上がらないという失敗談です。
・きめ細かい指導を受けられるから個別指導塾に通わせたが、講師との相性が悪かったり、授業料が高いため週に1~2回の通塾になり成績が上がらないという失敗談です。


■「個別指導塾」の特徴

  • マンツーマン、あるいは講師1人に生徒2~4人の少人数制で、授業が行われます。
    そのため、生徒の元々の学力や学習進度、部活動などとの兼ね合いなども考慮した、オーダーメイド式の授業を受けられます。集団授業塾に比べ授業料は、高額になります。
  • 少人数であるため、質問などもしやすいメリットがあります。
  • 講師はアルバイトの学生が多いので、担当講師が短期間で変わる、講師によっては授業の質が低下するという問題があります。

■「集団授業塾」の特徴

  • 周囲のライバル達と切磋琢磨することで、モチベーションを高めやすい傾向がある一方、授業やライバル達についていけない生徒が出る場合があります。一番多い問題は、得意・苦手が一人ひとり違うのにみんなが同じテキストを使うため、生徒のレベルとテキストのレベルが合わず、成績が上がらないという問題です。
  • 集団授業ゆえに全体のための授業を計画的に進めるため、個々人にとっては部活との両立や振替授業は極めて困難です。特に途中入塾の場合、過去に遡って受講できません。
  • 個別指導塾に比べ、一人の講師が多数の生徒に授業するため、授業料が低額になります。

■「個別指導塾」向きのお子さんは…

  • 元々勉強が遅れていたり、勉強そのものへの意欲が少ない。
  • 内申がオール4以下のお子さん
  • 自分から先生に質問したり、手を挙げて発言したりすることが苦手。
  • 部活動をしっかり取り組みたいので、勉強時間があまり取れない。
  • 苦手分野の克服や、特定教科のみ学びたいなど、自分のペースで学習したい。

■「集団授業塾」向きのお子さんは…

  • 過去の勉強の内容が理解できており、学習意欲も一定以上ある。
  • 内申がオール4以上のお子さん
  • 競争心・負けん気があり、周囲との競争でモチベーションがあがるタイプ。
  • 積極的な性格で、周囲を気にせず講師に質問などができる。


どうでしょうか?あなたのお子さんはどちら向きでしょうか?
元中学校教師で現在は年間3000組の親子の勉強をサポートしている
道山先生は自分の公式ブログで明言しています。「私の経験則にはなりますが、集団授業塾で学ぶよりも、個別指導塾で学ぶ方が成績が上がりやすいです。なぜなら、集団授業だと、子どものレベルに合わない授業を受けざるを得なくなるからです。これでは学校の授業と同じです。そういった理由から、私は個別指導塾を強くお勧めします。
では、個別指導塾ならどこでもいいのか?判断が難しいと思いますが、教えるのが上手い先生がいるか否か。正しい勉強方法を指導できる先生がいるか否か。これが最も重要な選定基準です。

アシスト南金田は一人一台のタブレットを使ったWeb授業だから、教えるのが上手いプロの先生の授業をいつでも受けることができます。さらに、正しい勉強方法を習得している塾長が指導します。


論より証拠、アシストの【無料体験授業】でご確認ください!